金利が低くなる場合に行う価値がある借り換え

お金がどうしても不足して、お金借りたいという非常事態になった場面では、即日融資のサービスが効果的です。短時間で必要な現金を入手することができるため、困っている状況を打開することが可能です。

金融機関へのキャッシングやローンの申請には、年収金額によって限度額が異なります。そして、現在勤務している勤務先の雇用形態等も加味された上での審査となりますので、就業先や年収、雇用形態は重要な判断基準となります。おまとめローンの申請に関しても同じ内容で審査されるため、具体的にどの様な審査基準で判断されるのかを事前に理解しておきましょう。
ローンへの申請の際に年収額を記載する必要がありますが、主に前年度の源泉徴収の提出が求められるでしょう。源泉徴収に記載されている金額に応じた限度額が決められ、法律では年収の3分の1までの借り入れと決められています。これは借りすぎを防ぐために新たに決められた規制の一つですので、基本的には年収の3分の1以上はそもそも借り入れが出来ないと考えましょう。例えば、源泉徴収の金額が500万円だった場合は限度額の最大金額が150万円となると考えて、申請をすると良いでしょう。仮に昇進をしたり昇給をした場合は再度、限度額増額申請を行う事で、審査を通過した場合は借り入れ金額を増やす事が出来る可能性があります。この様に、基本的な借り入れ限度額の仕組みを知っておく事が重要です。

即日融資の融資サービスを利用する際のポイントは、金利が高いことへの理解です。スピードのある借り入れと自由な使途というメリットはありますが、金利は高くなっているので利息が大きくなります。
ですから、しっかりと返済できると判断できた場合に利用に踏み切ることが大切です。高い金利が発生している即日融資では、借り換えが有効な場合があります。たとえば、現状よりも金利の低い消費者金融のキャッシングがあれば、借り換えを行った方が返済する利息は少なくなる分、生活への負担は小さくなります。
消費者金融によって金利は異なるので、最初に借り入れする業者選びは重要ですが、借り入れしている最中はただ返済を行うだけではなく、金利の低い業者探しを行う必要があります。そうすれば、借り換えの実行によってお得な状況になります。借り換え先に向いている業者を見つけるためには、日頃からの金利情報チェックが効果的です。インターネットを活用すれば、金利を調べるのはとても簡単です。

いま借りているカードローンより高金利での借り換えはNG!

借り換えローンの筆頭といえば、やはり「おまとめローン」でしょう。
銀行カードローンを複数の金融機関からの借り入れている人の場合、それを一本化するために借り換えしたいと思うこと自体には、問題はありません。
ただし、おまとめローンとして借り換えをして、一本化することが目的になるのは間違っています。
というのも、おまとめローンはそもそも、複数の金融機関から借りている小口の借金をまとめることで、借入総額は変わらなくても金利を下げ、返済総額を軽減することを目的につくられた、金融商品だからです。
たとえ借金を一本化できたとしても、まとめる前の小口のまま返済した場合の総額より、返済総額が上がってしまうおまとめローンを利用するのは、何の意味もありません。
ですが、借金の一本化により、月々の返済額を下げることにのみ意識が向いていると、現在借りている銀行カードローンより、高金利なことに気づかない人がいるのが現実です。
返済総額が増える、現在より高金利の借り換えは、絶対にしないようにしましょう。

返済総額が下がるかどうか、必ずシミュレーションしよう!

ここでポイントになるのが、申し込みをする前に、きちんと返済シミュレーションをしておくことです。
月々の返済額が下がっても、返済期間が延びれば、その分利息が増え、返済総額がアップしてしまうのは当然です。
借り換えずに返済を続ける場合の返済期間と利息額、返済総額と、おまとめローンに借り換えた場合とを比較して、きちんと下がっているかどうかを検討しましょう。
また、おまとめローンは銀行でも消費者金融でも取り扱っています。
ですが、銀行のおまとめローンは低金利が魅力ですが、審査は厳しく、誰でも通るわけではありません。
その点、消費者金融は審査は緩めですが、金利は高めなので、返済総額は銀行で借り入れた場合より増えてしまいます。
おまとめローンに借り換える際には、この両方できちんとシミュレーションを行い、借り換え前の返済総額より下がっていることを確認した上で、多少利息が増えても消費者金融を選択するのかどうか、検討してみるのもよいかもしれません。
その際、月々の返済額を低めに設定している金融機関は、返済期間が長くなり、結果として返済総額が増えることが多いので、避けることをおすすめします。